« FIA、ハースF1のマシンに『お墨付き』 | トップページ | 土曜日のスプリントレース案が再浮上 »

2018/04/03

フェルスタッペン(レッドブル)、「次が開幕戦」

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
開幕戦オーストラリアGPでは4番グリッドからスタート。
タイヤ戦略も他チームとは異なるもので上位フィニッシュを狙ったレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンだったが、思うように順位を上げることが出来ないままレースを終える羽目となった。

今週第2戦を迎えるにあたり、フェルスタッペンは次のように意欲をみせた。
「オーストラリアはフラストレーションが溜まるものだったね。
レース中のオーバーテイクができない退屈なものだったから。
そう思ったのは僕だけじゃない筈。
だけどバーレーンのサーキットは違う。
コースはテクニカルだし、オーバーテイクも可能、マシン本来の走りも見られることだろう。
各チームの2018年マシンの力を比べるという意味では、次のバーレーンこそが今季の開幕戦と言えるんじゃないか。
天候も暖かいし、楽しみにしているよ」

ただフェルスタッペンにとってのバーレーンGPは2016年に6位フィニッシュ(トロ・ロッソ)したのが最高に留まっている。

|

« FIA、ハースF1のマシンに『お墨付き』 | トップページ | 土曜日のスプリントレース案が再浮上 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66565506

この記事へのトラックバック一覧です: フェルスタッペン(レッドブル)、「次が開幕戦」:

« FIA、ハースF1のマシンに『お墨付き』 | トップページ | 土曜日のスプリントレース案が再浮上 »