« 戦闘力欠いたウィリアムズ・チームに危機感 | トップページ | レッドブル、「リタイヤはルノーのトラブル」 »

2018/04/12

アロンソ(マクラーレン)、ホンダの進歩認める

McLaren 『MCL33』 (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前、「トロ・ロッソ・ホンダが5位以内に入ったら拍手喝采だ」と揶揄したマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソだが、バーレーンGPでは越されたことを認めた。

マクラーレン勢は今回予選でQ3に進めず、決勝レースではなんとか7-8位に入り開幕戦に続きW入賞を果たしたものの、ガスリーの4位に比べ見劣りするのは明らかだった。

アロンソは「トロ・ロッソ・ホンダが進歩したのは認めるよ。
メルボルンでは苦戦していたけれど、ここではきっといいと思ってた。
でも、これほど劇的に進歩したのは意外だったけどね。
だからといってマクラーレンがホンダと決別したことを後悔してはいない。
今回はたまたま悪かったけれど、僕たちがもっと進化すればいいだけのこと。
チームは戦略でもピット作業でも信頼性でも良い仕事をしたし、実際に僕たちは多くのポイントを獲得してる」と、胸を張った。

|

« 戦闘力欠いたウィリアムズ・チームに危機感 | トップページ | レッドブル、「リタイヤはルノーのトラブル」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66598802

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、ホンダの進歩認める:

« 戦闘力欠いたウィリアムズ・チームに危機感 | トップページ | レッドブル、「リタイヤはルノーのトラブル」 »