« アゼルバイジャンGPのスチュワードにトム・クリステンセン氏 | トップページ | FIA、ハローへのサイドミラー取付を容認 »

2018/04/27

フェラーリ・マシンに「違法マッピング」の疑い

Ferrari 『SF71H』 (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)がフェラーリに対し、「違法マッピング」使用の疑いで調査をしていることがわかった。
スペインの『マルカ』紙によればフェラーリは、使用が禁じられているリヤウィングに排気をあててダウンフォースを得る『ブロウン・ウィング』なるシステムのエンジン・マッピングを秘かに使っている可能性があるというもの。

今シーズン、開幕からフェラーリ・チームはメルセデスAMGに劣らないスピードをみせているが、コーナーによって異なるサウンド(エクゾーストノート)を響かせていたという声があり、中国GP時にはFIAの技術者がデータを収集していたとの報道も。

なおルノー・チームも開幕前に同様の噂が立てられたが、こちらはその後合法であるとの判断が下されている。

|

« アゼルバイジャンGPのスチュワードにトム・クリステンセン氏 | トップページ | FIA、ハローへのサイドミラー取付を容認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66652251

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ・マシンに「違法マッピング」の疑い:

« アゼルバイジャンGPのスチュワードにトム・クリステンセン氏 | トップページ | FIA、ハローへのサイドミラー取付を容認 »