« 「ハミルトンは丸くなった」と、エクレストン氏 | トップページ | 予選Q1、トロ・ロッソ勢があわやの事態に »

2018/04/28

アゼルバイジャンGPフリー3回目ベッテル(フェラーリ)最速

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
28日(土)、公式予選を前に14時(日本時間:19時)からアゼルバイジャンGPのフリー走行3回目セッションがバクー市街地サーキットで行われた。
セッション開始時の気温は24度、路面温度29度、湿度は40%、天候は曇りで路面はドライコンディション、引き続きこのセッション中に雨が降る可能性はないと予報されている。

相変わらず路面はダスティで各ドライバーともグリップ不足を訴えコースオフが相次いだ。
残り10分を切った頃、シロトキン(ウィリアムズ)が3コーナーでウォールにヒット、右フロントタイヤ部を損傷させてストップ、セッションは赤旗中断になった。

フリー走行3回目は残り約3分で再開、マシントラブルでガレージに留まったヒュルケンバーグ(ルノー)を除きほとんどがコースイン。
結局トップはベッテル(フェラーリ)のままで1'43.091、2番手にハミルトン(メルセデス)が0.361秒の差。
3番手ライコネン(フェラーリ)、4番手は最後に順位を上げたフェルスタッペン(レッドブル)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ペレス(フォース・インディア)、7番手マグヌッセン(ハース)、8番手ストロール(ウィリアムズ)、9番手オコン(フォース・インディア)、10番手がストップしたシロトキン(ウィリアムズ)。

マクラーレン勢はアロンソ11番手、バンドーン18番手。
トロ・ロッソ勢はガスリー13番手、ハートリーは20番手に留まった。
注目の公式予選はこのあと17時(日本時間:22時)から行われる。

アゼルバイジャンGPフリー走行3回目の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« 「ハミルトンは丸くなった」と、エクレストン氏 | トップページ | 予選Q1、トロ・ロッソ勢があわやの事態に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66660625

この記事へのトラックバック一覧です: アゼルバイジャンGPフリー3回目ベッテル(フェラーリ)最速:

« 「ハミルトンは丸くなった」と、エクレストン氏 | トップページ | 予選Q1、トロ・ロッソ勢があわやの事態に »