« 「ドライバーの責任」をウィリアムズ首脳が否定 | トップページ | 「ウィリアムズの問題点は冷却システム」と、独専門誌 »

2018/04/24

G.ベルガー氏、「ポルシェ2021年からF1参戦」

Porsche F1 (C)Porsche AG
拡大します
1990年代に故アイルトン・セナと共にマクラーレン・ホンダで戦って日本にもファンの多い元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガー氏(58歳:オーストリア)が、『重大発言』を行って注目されている。

これは同氏がドイツの総合自動車情報誌『アウト・ビルト』に「ポルシェが2021年からF1に参戦する」との見通しを語ったもの。

F1は2020年で現行のエンジン規定を終了、翌2021年からは改訂されたレギュレーションで戦われることが決まっているが、FIA(国際自動車連盟)とリバティ・メディアはこれを機に新たなコンテンダーの新規参戦を促している。
その具体的な内容は5月にも発表される見込みで、ポルシェはこれを精査したうえでF1に復帰を決定する方針というもの。

これまで再三F1復帰の噂が流れたポルシェだが、『フォーミュラE』への新規参戦もありその度に悲観的に捉えられてきた。

|

« 「ドライバーの責任」をウィリアムズ首脳が否定 | トップページ | 「ウィリアムズの問題点は冷却システム」と、独専門誌 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66644789

この記事へのトラックバック一覧です: G.ベルガー氏、「ポルシェ2021年からF1参戦」:

« 「ドライバーの責任」をウィリアムズ首脳が否定 | トップページ | 「ウィリアムズの問題点は冷却システム」と、独専門誌 »