« 予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | ガスリー(トロ・ロッソ)、「死ぬかと思った」 »

2018/04/28

予選、ベッテル(フェラーリ)が3戦連続のポール獲得

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
28日(土)バクー市街地サーキットを舞台にドライコンディションのもとアゼルバイジャンGP公式予選が行われた。
Q3進出を果たした5チーム10台による熾烈なタイムアタックの結果、ポールポジションを獲得したのは最初のアタックでトップに立っていたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だった。
これで今季バーレーン、中国に続く3戦連続のポール獲得、自身通算53回目の快挙となった。

2番手は0.179秒届かなかったライバルのハミルトン(メルセデス)。
昨季は実に11回ものポールを獲得したが今季はまだ開幕戦の1回のみ。
3番手ボタス(メルセデス)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手は最後のアタックでセクター1・セクター2共に全体のベストタイムを繋げたがセクター3で姿勢を乱してしまったライコネン(フェラーリ)、7番手オコン(フォース・インディア)、8番手ペレス(フォース・インディア)、9番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、10番手がサインツ(ルノー)だった。

明日の決勝レースもドライで行われる見込み。
現地時間16時10分(日本時間:21時10分)のスタートとなる。

アゼルバイジャンGP公式予選の結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | ガスリー(トロ・ロッソ)、「死ぬかと思った」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66661250

この記事へのトラックバック一覧です: 予選、ベッテル(フェラーリ)が3戦連続のポール獲得:

« 予選Q2、ライコネン(フェラーリ)がトップタイム | トップページ | ガスリー(トロ・ロッソ)、「死ぬかと思った」 »