« それでも「契約更改はまだ」と、優勝のリカルド(レッドブル) | トップページ | ホンダ、6月のカナダGPにもバージョンアップ投入か »

2018/04/19

2019年のF1規定、進捗みられる

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今週FIA(国際自動車連盟)はF1のチェイス・キャリー/CEO、F1委員会、そしてF1ストラテジーグループとの合同会議をパリの本部で開催、2019年のF1規定について次のような事項で合意がみられたという。

・燃料搭載量の拡大
 決勝レース時の燃料搭載量を現行の105キロから110キロに。

・車両重量の変更
 マシン重量からドライバー重量を除外する。
 
・生体グローブ装着の義務付け
 医療救助を促進するため、全選手に生体測定グローブの装着を義務付ける。

また2021年に向けての規約案として次のような項目で合意。

・V6ターボ・ハイブリッドの1.6リッター・エンジン
・MGU-H(熱エネルギー回生システム)の削除

|

« それでも「契約更改はまだ」と、優勝のリカルド(レッドブル) | トップページ | ホンダ、6月のカナダGPにもバージョンアップ投入か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66627184

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年のF1規定、進捗みられる:

« それでも「契約更改はまだ」と、優勝のリカルド(レッドブル) | トップページ | ホンダ、6月のカナダGPにもバージョンアップ投入か »