« FIAがルノー『RS18』のブロウン・ウィングを調査へ | トップページ | 『DHL』、F1ロジスティクス契約を更新 »

2018/03/16

開幕戦は多くのドライバーがウルトラソフト主体に

Pirelli 2018 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
今シーズンもF1にタイヤを独占供給するピレリタイヤは、開幕戦オーストラリアGPに「ウルトラソフト」、「スーパーソフト」、そして「ソフトタイヤ」の計3種類のタイヤを持ち込むことを決定。
これを受け各ドライバーはそれぞれ自身のタイヤ配分を明らかにしたが、多くのドライバーが「ウルトラソフト」を主体に選択していることがわかった。

「ウルトラソフト」はピレリが今シーズン用に準備したコンパウンドの中では「ハイパーソフト」に次ぐソフト系のもので、今回の持ち込みタイヤの中ではもっとも柔らかいものになる。
シーズン前テストが行われたバルセロナ・サーキットとメルボルン市街地コースでは路面が大きく異なるが、しも気温が上昇した場合にはブリスターの発生が懸念されるところだ。

|

« FIAがルノー『RS18』のブロウン・ウィングを調査へ | トップページ | 『DHL』、F1ロジスティクス契約を更新 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66498762

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦は多くのドライバーがウルトラソフト主体に:

« FIAがルノー『RS18』のブロウン・ウィングを調査へ | トップページ | 『DHL』、F1ロジスティクス契約を更新 »