« マクラーレン、「他とは異なるアプローチ」を主張 | トップページ | ボタス(メルセデス)、「ウチはアタックしてない」 »

2018/03/13

レッドブル、ルノーのエンジン決定タイムリミットを否定

Redbull 『RB14』 (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズンも引き続きルノー・エンジンを搭載して戦うレッドブル・レーシングだが、もし傘下のトロ・ロッソと組んだホンダに十分な戦闘力があれば、こちらもホンダ・エンジンにスイッチする可能性が開幕戦との見方が大勢だ。
このエンジン変更について現在の供給元であるルノー・スポールは、2019年のエンジン供給については今年の5月がタイムリミットと主張している。

しかしこれについて矢面となるレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、次のように反論した。

「2019年のエンジンについて、われわれにルノーとホンダ、二つの選択肢があることは公然のことだ。
しかしこれについて今年の5月までに結論を出さなければならないいというルノーの主張は誤りだ。
われわれの理解では、5月というのはFIA(国際自動車連盟)に対しての意思表示の期日ということ。
最終的なサプライヤーとの契約の期限はもっと遅い。
ただ設計変更など実際の準備を考えるとこの夏まで、というのが現実的なものだろう」

ただ今シーズンの「いちドライバーあたり年間3基まで」というエンジン数制限はルノーにとってもホンダにとっても厳しいものになりそうだ。

|

« マクラーレン、「他とは異なるアプローチ」を主張 | トップページ | ボタス(メルセデス)、「ウチはアタックしてない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66491359

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、ルノーのエンジン決定タイムリミットを否定:

« マクラーレン、「他とは異なるアプローチ」を主張 | トップページ | ボタス(メルセデス)、「ウチはアタックしてない」 »