« バルセロナ合同テスト1日目タイム(3/06) | トップページ | ウィリアムズ、「メルセデス製パワーユニットへの不満」否定 »

2018/03/07

『ハロー(頭部保護装置)』、視界に難点ありか

Halo Image (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は万一の場合の事故に備え、ドライバーの頭部を保護するため今シーズンから『ハロー(頭部保護装置)』の装着を義務づけたが、最初のシーズン前テストを終えたいま、なお否定的なコメントも聞かれるようだ。

それによればまずマシン面から重量増の問題。
2018年は昨季よりもマシンの最低重量が6キロ増加しているが、これは主にハローのためだ。
レーシングカーにとって重量増はコーナリングやブレーキングに悪影響を与えるだけでなく、とりわけハローの場合は位置が高いことが難点となっている。

またドライバーからは緊急時の脱出に時間が掛かることが訴えられている。
さらに多くのドライバーが口にしているのが視界の問題だ。
頭部を守るためには相当程度の強度が必要で、そのため改善されたとはいえまだその太さが気になる。
さらに平坦なコースではなくスパのオー・ルージュのような高低差があるコーナーの場合、ハローがドライバーの視界を一時的に遮る懸念があるという。

|

« バルセロナ合同テスト1日目タイム(3/06) | トップページ | ウィリアムズ、「メルセデス製パワーユニットへの不満」否定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66465998

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハロー(頭部保護装置)』、視界に難点ありか:

« バルセロナ合同テスト1日目タイム(3/06) | トップページ | ウィリアムズ、「メルセデス製パワーユニットへの不満」否定 »