« R.ブラウン氏、開幕戦でオーバーテイク少なさを認める | トップページ | オーバーヒートに悩んでたボタス(メルセデス) »

2018/03/28

「信頼性重視」のホンダにショック

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
昨シーズンの轍を踏まないよう、「信頼性重視」で開幕戦オーストラリアGPに臨んだホンダにとって、ガスリーのマシンに発生したMGU-H(熱エネルギー回生システム)のトラブルは衝撃だったようだ。

最後尾の20番手からスタートしたガスリーだったが6周目には16位までアップ。
さらに順位を上げようとしていたがマシンは突然パワーユニットの電源が落ち、ストップ。
リセットして再走は果たしたものの、結局わずか13周で戦線離脱を余儀なくされたもの。

これについてホンダの田辺豊治/テクニカルディレクターは、「トラブルはこれまでのテストで一度も起きたことのないもので、まったく予兆なく発生した」と説明した。
パワーユニットは日本に戻されて詳細な解明を行うということだが、ハードウェアに損傷があるのは確実とみられ、ガスリーには早くも痛恨のペナルティが予想される。

|

« R.ブラウン氏、開幕戦でオーバーテイク少なさを認める | トップページ | オーバーヒートに悩んでたボタス(メルセデス) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66546844

この記事へのトラックバック一覧です: 「信頼性重視」のホンダにショック:

« R.ブラウン氏、開幕戦でオーバーテイク少なさを認める | トップページ | オーバーヒートに悩んでたボタス(メルセデス) »