« 田辺豊治T/D(ホンダ)、「Q1敗退は無念もライバルとは僅差」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、「マシンのポテンシャル実感」 »

2018/03/25

リカルド(レッドブル)、杓子定規な処分に不満吐露

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
オーストラリアGPフリー走行セッション中に起きた赤旗の際、減速が不十分だったとしてグリッド3番降格のペナルティを喫したレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドがこの判定に不満を示している。

「確かに規定には反したのかも知れない。
でもあの時はウルトラソフトを履いてアタックに出た直後。
もちろん赤旗中断を知ってアタックを中止して減速したけれど、それが不十分だっただけだ。
僕が何らかの利益を受けた訳じゃなし、それでグリッド降格とは厳し過ぎないか。
戒告とか罰金とか、もっとレースへの興味を失わせない方法があったんじゃないのか。
ただルール通りに処分をすればいいというものじゃないよ」、激白。

ホームグランプリで観客からの期待も高かったリカルドだが、レースが始まる前に早くも関心を削ぐ展開となったのは事実だ。

|

« 田辺豊治T/D(ホンダ)、「Q1敗退は無念もライバルとは僅差」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、「マシンのポテンシャル実感」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66535266

この記事へのトラックバック一覧です: リカルド(レッドブル)、杓子定規な処分に不満吐露:

« 田辺豊治T/D(ホンダ)、「Q1敗退は無念もライバルとは僅差」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、「マシンのポテンシャル実感」 »