« メルセデスAMG、2018年セーフティカーをお披露目 | トップページ | オーストラリアGP、3つ目のDRSゾーン追加へ »

2018/03/22

ハロー(頭部保護装置)、今度は『逆視界』に難点

Halo system (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンからF1に導入された『ハロー(頭部保護装置)』は、これまでいくつかの問題点が指摘され課題とされてきた。

その一つはドライバーからの『視界』の問題だったが、ここに来て指摘されているのが『逆視界』の問題。
つまりマシンの外から見た時にハローが障害となり、ドライバーのヘルメットをうまく識別できないというものだ。

近年のF1マシンはコマーシャル・スペースが拡大されてカーナンバーが読み取りにくくなったことが難点とされているが、ハローはこれをさらに助長する懸念がある。
ハロー部分をドライバーの国旗カラーに塗るなどの策も提案されているが、マクラーレンなどはすでにこの部分をスポンサーに提供、どうやら一筋縄ではいきそうにない。

|

« メルセデスAMG、2018年セーフティカーをお披露目 | トップページ | オーストラリアGP、3つ目のDRSゾーン追加へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66520759

この記事へのトラックバック一覧です: ハロー(頭部保護装置)、今度は『逆視界』に難点:

« メルセデスAMG、2018年セーフティカーをお披露目 | トップページ | オーストラリアGP、3つ目のDRSゾーン追加へ »