« 開幕戦・豪GPは逆転でベッテル(フェラーリ)が勝利 | トップページ | ハースF1に「危険な作業」として2台共罰金 »

2018/03/25

ガスリー(トロ・ロッソ)のトラブルはMGU-H

Pierre Gasly (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
トロ・ロッソ・ホンダの初陣となったオーストラリアGPだが、グリッド20番手からスタートしたピエール・ガスリーのマシンは16番手を走っていた14周目に突然白煙を上げてストップ。
一旦はガレージまで戻ったものの、ホンダはそのままリタイヤを決断した。

これについてホンダF1の田辺豊治/テクニカルディレクターは、「原因はMGU-H(熱エネルギー回生システム)のトラブルにあった。
シーズン前テストでは一度も起きなかったトラブルなので残念。
パーツは日本のさくら(ホンダRD)に送って詳細に原因を分析する。
第2戦に向けて再発防止を徹底したい」と、説明した。

またガスリーは、「僕にとってシーズンの素晴らしいスタートにはならなかったけれど、落胆はしていない。
マシンの感触は悪くないので、次のバーレーンで良い結果が得られるようチーム全員で頑張りたい」と、気分を切り換えた。

|

« 開幕戦・豪GPは逆転でベッテル(フェラーリ)が勝利 | トップページ | ハースF1に「危険な作業」として2台共罰金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66537343

この記事へのトラックバック一覧です: ガスリー(トロ・ロッソ)のトラブルはMGU-H:

« 開幕戦・豪GPは逆転でベッテル(フェラーリ)が勝利 | トップページ | ハースF1に「危険な作業」として2台共罰金 »