« ハミルトン(メルセデス)は開幕戦レッドブルを警戒 | トップページ | 『曙ブレーキ』、今季もマクラーレンに部品供給 »

2018/03/17

J.トッドFIA会長とフェラーリ首脳の対立に危惧

Ferrari Prancing haloHorse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1では以前からフェラーリ・チームだけが特別扱いされている、というのは広く知られたところだが、この問題が大きな騒動の元となっている。
というのもFIA(国際自動車連盟)が示した2021年以降のF1規格を巡り、FIAとフェラーリ首脳が対立しているからだ。

フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長はいつものようにF1からの撤退をほのめかしたが、これをトッド会長は「常套文句」だとしてとりあわず、撤退も止むなしと広言する展開に。

しかしこうした状況にメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「あまりこうしたやり取りがエスカレートするのは危険なことだ。
行きがかり上、抜き差しならない事態になりかねない。
もうお互いに挑発的なことは止めにすべきだ」と、鎮静化を求めた。

もし実際に紅い跳ね馬がF1から消えたとしたら、そのダメージは計り知れないものになるのは間違いない。

|

« ハミルトン(メルセデス)は開幕戦レッドブルを警戒 | トップページ | 『曙ブレーキ』、今季もマクラーレンに部品供給 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66502471

この記事へのトラックバック一覧です: J.トッドFIA会長とフェラーリ首脳の対立に危惧:

« ハミルトン(メルセデス)は開幕戦レッドブルを警戒 | トップページ | 『曙ブレーキ』、今季もマクラーレンに部品供給 »