« ベッテル(フェラーリ)、「優勝候補筆頭はメルセデス」 | トップページ | トロ・ロッソ、「レッドブルとホンダ提携なら歓迎」 »

2018/03/05

分配金減額でF1チームはますます困窮か

Tifosi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
年々増大するF1コストで、F1チームは悲鳴を上げているが、2017年分のチーム分配金がさらに減額されたことがわかった。

チームへの分配金は2017年にそれまでのFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)からリバティ・メディアへと移行したが、その際に『アリアンツ』(保険会社)や『UBS』(金融会社)など複数のスポンサーを失っていて、そのため分配金は2016年より約5%(4700万ドル:約50億円)削減されたとのこと。

リバティ・メディアは開催権料の低下やイベント数の削減などバーニー・エクレストン氏時代の『負の遺産』のせいとしているが、新オーナーになってからの人員増やイベントに経費が掛かっているとの指摘もされている。

|

« ベッテル(フェラーリ)、「優勝候補筆頭はメルセデス」 | トップページ | トロ・ロッソ、「レッドブルとホンダ提携なら歓迎」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66461784

この記事へのトラックバック一覧です: 分配金減額でF1チームはますます困窮か:

« ベッテル(フェラーリ)、「優勝候補筆頭はメルセデス」 | トップページ | トロ・ロッソ、「レッドブルとホンダ提携なら歓迎」 »