« 高温のバーレーンはスーパーソフトタイヤがカギか | トップページ | クビサ(ウィリアムズ)、今季はF1サポートに集中 »

2018/03/31

F・インディア、資金の目途つかず苦戦

Motorhome (C)Sahara Force India F1
拡大します
プライベートチームとしては上出来の成績を収めながらも、オーナーであるヴィジャイ・マルヤ率いるグループの深刻な財政難から今シーズン前にもチーム売却の話が絶えなかったフォース・インディア・チームだが、結局同じ体制のまま今シーズンを迎えている。
噂されたチーム名の変更(インドを外す)もないままだ。

これについて同チームのボブ・ファーンリー/副代表はドイツの総合自動車情報誌『アウト・ビルト』に対し、次のようにその背景を語っている。
「現在のところ、まだ今シーズンに必要な資金のすべてに目途がついていないのが事実だ。
私はごく短期間のうちに相当な額の資金を集めなければならない」と、悲観的。

このためフォース・インディアはFIA(国際自動車連盟)にF1分配金の前払いを求めたということたが、これには全チームの賛同が必要で、残念ながら実現できないでいる。
関係者が明かすところによれば反対したのは同じ中団グループのライバルであるウィリアムズ・チームだったとのことだ。

|

« 高温のバーレーンはスーパーソフトタイヤがカギか | トップページ | クビサ(ウィリアムズ)、今季はF1サポートに集中 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66556736

この記事へのトラックバック一覧です: F・インディア、資金の目途つかず苦戦:

« 高温のバーレーンはスーパーソフトタイヤがカギか | トップページ | クビサ(ウィリアムズ)、今季はF1サポートに集中 »