« ロス・ブラウン氏(FIA)、「将来のF1軽量化が必須」 | トップページ | ハロー(頭部保護装置)、今度は『逆視界』に難点 »

2018/03/22

メルセデスAMG、2018年セーフティカーをお披露目

Mercedes AMG F1 Safetycar (C)Mercedes Motorsport
拡大します
今週末に迫った2018年シーズンの開幕を前に、メルセデスAMGが今季用の新型F1セーフティカーをお披露目した。

ベースとなったクルマは『Mercedes-AMG GT R』で、メルセデスでは1996年からF1にセーフティカーを提供しているが、今年が『史上最強のセーフティカー』と豪語している。
ニュルブルクリンク24時間レースを走る『AMG GT3』の要素を配したこのクルマは4.0リッターのV8ツインターボ・エンジンをフロントに搭載する代物だ。

今季もセーフティカーのドライブを担当するベルント・マイランダー氏は、「新しい『社用車』を与えられてとてもワクワクしている」と、コメント。
セーフティカー導入時にF1カーのタイヤやブレーキが冷えないようスピードの維持に傾注するとした。

|

« ロス・ブラウン氏(FIA)、「将来のF1軽量化が必須」 | トップページ | ハロー(頭部保護装置)、今度は『逆視界』に難点 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66520745

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG、2018年セーフティカーをお披露目:

« ロス・ブラウン氏(FIA)、「将来のF1軽量化が必須」 | トップページ | ハロー(頭部保護装置)、今度は『逆視界』に難点 »