« ベッテル(フェラーリ)、「まだタイム云々の時期じゃない」 | トップページ | 鈴鹿サーキットでもF1タイヤテスト実施へ »

2018/03/03

ルノー・スポール、「年間3基になってもパワー下げない」

Renault Factory (C)Renault F1 UK
拡大します
F1エンジンは昨年までのいちドライバーあたり「年間4基」だった制限がさらに厳格化、今シーズンは「年間3基」なでに制限されることが決まっている。
こうしたことからエンジンの信頼性を上げるため、これまでより最大出力を落として対応するのでは、との見方が一部にあったが、ルノー・スポールのシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターは明確にこれを否定した。

「われわれが安全第一に走り、パワーを落とすとの噂があるが、それは誤りだ。
たとえ制限が厳しくなろうともわれわれの今シーズンのエンジンは最低でも昨季最終戦のレベルを維持して臨むことを明言する。
昨季中に行われた改善で、いまパワーとのバランスがこれまでで最も望ましいものになっているんだ。
とはいえもちろんすべての前提はまず信頼性にあることは明白だけれどね」

ルノー製パワーユニットは今季からマクラーレン・チームにも供給。
レッドブル・レーシングと比べ劣ることのない「注文の多い顧客」であることからルノー・スポールとしても多くの対応が迫られることだろう。

|

« ベッテル(フェラーリ)、「まだタイム云々の時期じゃない」 | トップページ | 鈴鹿サーキットでもF1タイヤテスト実施へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66450832

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール、「年間3基になってもパワー下げない」:

« ベッテル(フェラーリ)、「まだタイム云々の時期じゃない」 | トップページ | 鈴鹿サーキットでもF1タイヤテスト実施へ »