« シロトキン(ウィリアムズ)はビニール袋でリタイヤ | トップページ | フォース・インディア、今季のチーム名変更はなし »

2018/03/26

フェラーリのセバスチャン・ベッテル、2 列目のスタートからピットストップ戦略を生かし、スリリングなレースを制す (ピレリ)

セバスチャン・ベッテル (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2018 オーストラリアグランプリ決勝
・温暖なドライコンディションの下、
・ウルトラソフト – ソフトの 1 ストップ戦略が主流に
・レッドブルのダニエル・リカルド、グリッド降格ペナルティを受けながらもスーパーソフト – ソフトと繋ぐ戦略で 4 位を獲得

2018年3月25日、メルボルン

ピットストップ戦略がオーストラリアグランプリの鍵を握りました。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ライ   バルたちよりも長いオープニングスティントのアドバンテージを活かし、バーチャルセーフティーカー導入周  回中にピットストップを行いました。この結果、ベッテルは、メルセデスのルイス・ハミルトンの前でコースに戻りトップに躍り出ました。

ポールポジションからスタートしたハミルトンは、フェラーリのキミ・ライコネンのピットストップに反応して、グリーンフラッグの下、ベッテルよりも先にピットストップを行っていました。ウルトラソフト – ソフトと繋ぐ 1 ストップ戦略が主流となった中、レッドブルの両ドライバーは、スーパーソフト – ソフトと繋ぐ戦略を採用しました。

ダニエル・リカルドは、グリッド降格ペナルティ後のスタートから、表彰台に迫る4  位でフィニッシュしました。メルセデスのバルテリ・ボッタスとマクラーレンのストフェル・バンドーンも主流とは異なる戦略を実行しました。両ドライバーは、ウルトラソフト – スーパーソフトの 1 ストップ戦略でポイントを獲得しました。

ピレリ  カーレーシング責任者  マリオ・イゾラのコメント:「セーフティーカーの前後でグランプリの様相が一変し、それがフェラーリのクレバーなピットストップ戦略を勝利に結びつけました。トップ5のドライバーたちがファイナルラップまで激しく競い合い、最後まで接戦が展開されました。中盤の長いセーフティーカー導入   によってタイヤの摩耗とデグラデーションが最小化され、大半のドライバーが1ストップ戦略を採りました。決勝で使用された全 3 種類のコンパウンドの動作は極めてポジティブでした。2 台のマシンは、最も硬いコンパウンドを使用することなく1ストップ戦略でフィニッシュしました」

1 2

Truthometer:
セバスチャン・ベッテルは、我々が最速と予測したウルトラソフトでスタートする 1ストップ戦略で優勝しました。ベッテルは、我々の予測した28周目よりも早く26周目にピットストップを行いました。トップを走っていたルイス・ハミルトンは、ベッテルよりも7周早くピットストップを行いました。

ピレリジャパン・プレスリリース

|

« シロトキン(ウィリアムズ)はビニール袋でリタイヤ | トップページ | フォース・インディア、今季のチーム名変更はなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66540286

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリのセバスチャン・ベッテル、2 列目のスタートからピットストップ戦略を生かし、スリリングなレースを制す (ピレリ):

« シロトキン(ウィリアムズ)はビニール袋でリタイヤ | トップページ | フォース・インディア、今季のチーム名変更はなし »