« 2018年のF1から『グリッドガール廃止』が決定 | トップページ | ニュルブルクリンク、2019年のドイツGP開催は不透明 »

2018/02/02

『WEC富士6時間レース』、アロンソ出場に向け日程変更も

Fuji WEC 6h Race (C)Toyota Motorsports
拡大します
マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソ(36歳:スペイン)は、2018年のWEC(世界耐久選手権)へのフル参戦を正式発表したが、唯一日本で行われる富士6時間レースだけはF1アメリカGPとのスケジュールがバッティングしているため欠場の意思を示していた。

しかしアロンソの参戦を今季最大のコマーシャル・メリットとするトヨタWECチームは、同選手出場のためFIA(国際自動車連盟)にWECスケジュールの変更を申し入れたと伝えられた。

『世界三大レース』制覇を目論むアロンソ自身のWEC挑戦最大の目的はルマン24時間レース参戦にあるとみられるが、富士6時間レースの舞台である富士スピードウェイを所有するトヨタ自動車としては、何としても同レースへのアロンソの参戦を実現させたいところだ。

|

« 2018年のF1から『グリッドガール廃止』が決定 | トップページ | ニュルブルクリンク、2019年のドイツGP開催は不透明 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66344983

この記事へのトラックバック一覧です: 『WEC富士6時間レース』、アロンソ出場に向け日程変更も:

« 2018年のF1から『グリッドガール廃止』が決定 | トップページ | ニュルブルクリンク、2019年のドイツGP開催は不透明 »