« ルノー・チーム、2018年新型車『RS18』を正式発表 | トップページ | 今年のフェラーリ・マシンは色味を変更か »

2018/02/21

レッドブル『RB14』のシェイクダウンはリカルド

Redbull 『RB14』 (C)RedBull Racing
拡大します
2月19日(月)、2018年の新型車『RB14』を発表したレッドブル・レーシングは、すでに同車がシルバーストーン・サーキットでシェイクダウンを行ったことを明らかにしているが、ステアリングを握ったのはダニエル・リカルドだったということだ。

2018年マシンのテストが公式に伝えられたのはこれが初めて。
もちろんFIA(国際自動車連盟)が指定した合同テストではないのでプロモーション走行ということになり、タイヤや距離などに制限が掛けられたものになる。

昨シーズンはテスト当初、ルノー製パワーユニットにトラブルが発生して走行距離が稼げなかった経験から、今年は早めの「確認」になった模様だ。

シーズン前公式テストは来週の26日(月)からスペインのバルセロナ・サーキットでスタートする。

|

« ルノー・チーム、2018年新型車『RS18』を正式発表 | トップページ | 今年のフェラーリ・マシンは色味を変更か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66413785

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル『RB14』のシェイクダウンはリカルド:

« ルノー・チーム、2018年新型車『RS18』を正式発表 | トップページ | 今年のフェラーリ・マシンは色味を変更か »