« ウィリアムズ、2018年新型車『FW41』を発表 | トップページ | フェルスタッペン、新カラー・ヘルメットで心機一転 »

2018/02/16

ジーン・ハース氏、アメリカ人ドライバーについて言及

Gene Haas (C)Haas Formula LLC
拡大します
2018年の新型車を一早く発表したハースF1チームだが、先にギュンター・シュタイナー代表が発言して物議を呼んだアメリカ人ドライバーの起用について、オーナーであるジーン・ハース氏自身が説明した。

「残念なことに、シュタイナーの会見が言葉足らずで誤解を招いてしまったようだ。
われわれはインディカー・ドライバーなどアメリカ人ドライバーがF1のレベルに達していないと考えている訳ではなく、チームのほうがまだドライバーを受け入れる状況にないということなんだ。
それはドライバーの立場からも言えることだと思う。
まだ初心者レベルのチームで走ったのでは、ドライバー自身の評価にも悪影響を与えてしまうだろうからね」

アメリカのF1チームとして期待が掛かったハートスだが、これまでのところそうしたカラーは出してない。
それでも同チームは開発ドライバーとしてアメリカの若手であるサンティノ・フェルッチ(19歳)を据え、育成に励んでいるのだが。

|

« ウィリアムズ、2018年新型車『FW41』を発表 | トップページ | フェルスタッペン、新カラー・ヘルメットで心機一転 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66395753

この記事へのトラックバック一覧です: ジーン・ハース氏、アメリカ人ドライバーについて言及:

« ウィリアムズ、2018年新型車『FW41』を発表 | トップページ | フェルスタッペン、新カラー・ヘルメットで心機一転 »