« ルノー・スポール、年間3基のエンジン制限変更に期待 | トップページ | マクラーレン、『デル』と大型スポンサー契約 »

2018/02/09

リバティ・メディアの改革支持のF.バッサー(ザウバー)

Frederic Vasseur (C)Sauber Motorsport
拡大します
F1新オーナーとなったリバティ・メディアは様々なF1改革を推し進めているが、そうした動きには反発する向きも多い。
そうした中、フレデリック・バッサー代表(ザウバー・チーム)がこれを支持する発言を行って注目されている。

ザウバー・チームの新しいリーダーとなったバッサー氏は地元スイスの大衆紙『ブリック』に次のように語った。

「反対もあるらしいが、私はリバティ・メディアが勧める改革を理解しているよ。
例えば不評のハロー・システム。
見た目がどうよりも、これは何よりドライバーの安全を守るためのものだ。
デザインは二の次のことであって、安全が優先されるのは当たり前のこと。
またグリッドガールがなくなるのを悲しむ人がいるが、それがグリッドキッズに置き換えられて何が不満なんだ。
F1の将来を担うジュニア・ドライバーを育てるほうがよほど有意義だよ。
それからチームへの分配金増加を求めるなら、スタート時刻の変更だって素直に受け入れるべき」と、断じた。

|

« ルノー・スポール、年間3基のエンジン制限変更に期待 | トップページ | マクラーレン、『デル』と大型スポンサー契約 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66370312

この記事へのトラックバック一覧です: リバティ・メディアの改革支持のF.バッサー(ザウバー):

« ルノー・スポール、年間3基のエンジン制限変更に期待 | トップページ | マクラーレン、『デル』と大型スポンサー契約 »