« 鈴鹿サーキット、今年はF1開催30回目イベントに | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「最高のチームとドライバー」 »

2018/02/25

メルセデスAMG、P.ウェーレインをリザーブドライバーに

Pascal Wehrlein (C)Manor Racing
拡大します
メルセデスAMGチームは2018年シーズンのリザーブドライバーとして前ザウバー・チームのパスカル・ウェーレイン(23歳:ドイツ)を起用することを明らかにした。

元々メルセデスのジュニア育成ドライバーの一員だったウェーレインは2016年に当時のマノー・メルセデスからF1デビュー(最高位10位:オーストリアGP)。
翌2017年はザウバー・チームに移籍したが、オフに参加した『ROC(レース・オブ・チャンピオンズ)』での負傷により開幕2戦の欠場を余儀なくされた。
ザウバーではスペインで8位入賞を果たしたものの、チームがフェラーリ色をさらに強めたこともあり、2018年のシートを失っていたもの。

トト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターの引きもあり、今シーズンは再びDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に参戦すると共にメルセデスのリザーブドライバーに決まった。

|

« 鈴鹿サーキット、今年はF1開催30回目イベントに | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「最高のチームとドライバー」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66427283

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG、P.ウェーレインをリザーブドライバーに:

« 鈴鹿サーキット、今年はF1開催30回目イベントに | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「最高のチームとドライバー」 »