« パスカル・ウェーレイン(前ザウバー)、今季はDTM復帰 | トップページ | リバティ・メディアの改革支持のF.バッサー(ザウバー) »

2018/02/09

ルノー・スポール、年間3基のエンジン制限変更に期待

Cyril Abiteboul (C)Renault Sport F1
拡大します
昨年までの「年間4基まで」というエンジン制限は、今シーズンさらに厳しくなり「年間3基まで」となることが決まっているが、内心これを歓迎するのはメルセデス陣営だけのようだ。
今シーズン、タイトル奪還に向けさらにワークス体制を強化するルノー陣営では、この制限が解除されることを願っている。

これはルノー・スポールを率いるシリル・アビテブール/マネージング・ディレクターがイギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』で語ったもの。

「制限が強化されるのは事前にわかっていたことで、それに備えていろいろな対策は採ってきたが、われわれには頭が痛い決定だ。
現段階でこれをクリアできるのかといえば、そう主張するのは困難なこと。
ただこれが今のF1というスポーツにおいて正しい施策なのかといえば疑問に思っているね。
毎レース、何十グリッド降格なんていうペナルティが繰り返されるのは、決して正しいスポーツのありかたとは言えないだろう」

今シーズン、ルノー・スポールは新たにマクラーレン・チームにエンジン供給することになっていて、さらにプレッシャーが高まっている。

|

« パスカル・ウェーレイン(前ザウバー)、今季はDTM復帰 | トップページ | リバティ・メディアの改革支持のF.バッサー(ザウバー) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66370296

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・スポール、年間3基のエンジン制限変更に期待:

« パスカル・ウェーレイン(前ザウバー)、今季はDTM復帰 | トップページ | リバティ・メディアの改革支持のF.バッサー(ザウバー) »