« トム・クリステンセン、アロンソのルマン挑戦を歓迎 | トップページ | ランボルギーニ社首脳、「今後5年間はF1参戦予定なし」 »

2018/02/04

富士スピードウェイが2020年東京五輪自転車競技会場に

Fuji Speedway (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
かつてはF1、現在はWEC(世界耐久選手権)の開催地として世界的にも知られる富士スピードウェイが、2020年の東京五輪自転車競技会場に選ばれ、さらに注目を集めることとなった。

これは3日(土)に冬季五輪会場である韓国・平昌で行われたIOC(国際オリンピック委員会)の理事会で決定されたもの。
これにより東京五輪の際には、富士スピードウェイが『個人タイムトライアル』と『ロードレース』のゴール地として使用されることになった。

なお富士スピードウェイの所有者であるトヨタ自動車は東京五輪を含む2024年までIOCとの間でオリンピック・パラリンピックの『ワールドワイド・オリンピック・パートナー』の契約を結んでいる。

|

« トム・クリステンセン、アロンソのルマン挑戦を歓迎 | トップページ | ランボルギーニ社首脳、「今後5年間はF1参戦予定なし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66355292

この記事へのトラックバック一覧です: 富士スピードウェイが2020年東京五輪自転車競技会場に:

« トム・クリステンセン、アロンソのルマン挑戦を歓迎 | トップページ | ランボルギーニ社首脳、「今後5年間はF1参戦予定なし」 »