« ウィリアムズのロシア・スポンサー、「シロトキンのためじゃない」 | トップページ | ヒュルケンバーグ(ルノー)がリバティ・メディアのF1改革に異議 »

2018/02/11

フェラーリ、2018年仕様エンジンに初火入れ

Ferrari Factory Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
タイトル奪還を狙うフェラーリ・チームが、2018年シーズンに投入するエンジンに初めて火入れを本拠地マラネロで初めて行ったことがわかった。

地元メディアによれば行われたのは8日(金)のことで、関係エンジニアらが見守る中、最新仕様の『063』のエンジン始動が行われたというもの。
そのエンジン音はショートクリップで披露された。

なおタイトル奪還に期待が掛かる2018年新型車(名称は不明)は、2月22日(木)に正式発表されることになっている。

|

« ウィリアムズのロシア・スポンサー、「シロトキンのためじゃない」 | トップページ | ヒュルケンバーグ(ルノー)がリバティ・メディアのF1改革に異議 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66380696

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、2018年仕様エンジンに初火入れ:

« ウィリアムズのロシア・スポンサー、「シロトキンのためじゃない」 | トップページ | ヒュルケンバーグ(ルノー)がリバティ・メディアのF1改革に異議 »