« フェルナンド・アロンソ、「F1引退後はWEC(世界耐久選手権)」 | トップページ | ロス・ブラウン氏、「DRSは今のところ必要悪」 »

2018/02/18

2018年のフェラーリは「新設計シリンダーヘッドで勝負」

Ferrari V6 Engine (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2008年のキミ・ライコネン以来、実に10年の長きに渡ってチャンピオンの座から遠ざかっているフェラーリ・チームだが、今シーズンのタイトル奪還に向け、自慢のパワーユニットの性能アップへさらに磨きを掛けてきたようだ。

同陣営のエンジン担当責任者であるコラド・ロッティ/チーフエンジニアは、「エンジン出力の大幅アップに向け、いま全力で改善を図っているところだ。
開幕には間に合わないが、シーズンの早い時期に改良されたシリンダーヘッドを投入したいと考えている。
これが完成すれば、いまメルセデスが持っているアドバンテージを打ち崩すことができると期待してよ」と、意欲をみせた。

ただ昨シーズンのフェラーリ製パワーユニットはしばしばトラブルに見舞われており、信頼性の確保も重要な課題になっている。

|

« フェルナンド・アロンソ、「F1引退後はWEC(世界耐久選手権)」 | トップページ | ロス・ブラウン氏、「DRSは今のところ必要悪」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66402658

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年のフェラーリは「新設計シリンダーヘッドで勝負」:

« フェルナンド・アロンソ、「F1引退後はWEC(世界耐久選手権)」 | トップページ | ロス・ブラウン氏、「DRSは今のところ必要悪」 »