« メルセデスも『Bチーム・アイデア』に関心 | トップページ | メルセデス・エンジン、2019年には1000馬力到達も »

2018/01/04

ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンと2年契約か

Sergey Sirotkin (C)Renault Sport F1
拡大します
長い間、その行方に注目が集まっているウィリアムズ・チームの2018年シーズンのレースドライバーについて、「セルゲイ・シロトキン(22歳:ロシア)と契約」との報が流れた。

これはドイツの専門誌『アウト・ビルド』が報じたもの。
それによれば契約は2年間とされている。
またシロトキンは母国ロシアの有力企業から支総額1,500万ドル(約17億円)ものスポンサー資金を持ち込むとも伝えられている。
これまで同チームではロバート・クビサ、パスカル・ウェーレインやポール・ディ・レスタ、ダニール・クビアトら多くの名前が挙げられてきた。
もしシロトキンのレースドライバー起用が実現すれば、ペトロフ、クビアトに続きロシア人F1ドライバーとして史上3人目ということになる。
ただまだチームから公式発表はない。

こうしたチーム事情について昨季まで在籍したフェリッペ・マッサは「誰が選ばれるのかは知らないけれど、いずれにせよお金が最も重要な要素になる」と、解説している。

|

« メルセデスも『Bチーム・アイデア』に関心 | トップページ | メルセデス・エンジン、2019年には1000馬力到達も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66238705

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンと2年契約か:

« メルセデスも『Bチーム・アイデア』に関心 | トップページ | メルセデス・エンジン、2019年には1000馬力到達も »