« マーティン・ウィットマーシュ氏がアドバイザーとしてF1復帰 | トップページ | 「2018年マシン開発は順調」と、ザウバー・チーム代表 »

2018/01/19

S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「2018年新型車は怪物かゴミ」

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今シーズンこそ念願のF1タイトル奪還を期すフェラーリ・チームだが、来たる2月22日(木)に予定される新型車発表を前に、同陣営のセルジオ・マルキオンネ会長がその期待をイタリアの専門誌『アウトスプリント』に語った。

「今年こそ打倒メルセデスAMGを果たすべく、いまファクトリーでは全力を挙げてその準備を整えているところだ。
私も視察行って来たが、全員高いモチベーションで仕事に取り組んでいたよ。
新型車への感想は、それがものすごい怪物なのか、もしくはトンでもないゴミなのかということだ。
それが果たしてどちらなのか、残念ながら今の段階ではわからないがね」と、笑い飛ばした。

F1グランプリの代名詞とも言われる跳ね馬チームだが、最後にコンストラクターズ・タイトルを獲得したのは2008年(ライコネン&マッサ)まで遡る。

|

« マーティン・ウィットマーシュ氏がアドバイザーとしてF1復帰 | トップページ | 「2018年マシン開発は順調」と、ザウバー・チーム代表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66291244

この記事へのトラックバック一覧です: S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「2018年新型車は怪物かゴミ」:

« マーティン・ウィットマーシュ氏がアドバイザーとしてF1復帰 | トップページ | 「2018年マシン開発は順調」と、ザウバー・チーム代表 »