« 2018年新型車発表予定(1/19) | トップページ | スターリング・モス卿、一線から身を引く »

2018/01/20

コスワース、アストンマーティンとの提携に意欲

Cosworth Factory (C)Cosworth Engineering
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は現行のF1エンジン・レギュレーションを2020年で終了、2021年シーズンからは新しい規則のもとで新たなスタートをする方針だが、これに合わせいくつかの新顔が参入に意欲をみせている。

その一つであるコスワース・レーシングは、同じくF1参入に関心を持つとされるアストンマーティンと提携すべく議論を進めていることを明らかにした。
ただまだ細部に至るレギュレーションが確定しておらず、結論には至っていないという。

コスワースはかつてフォードDFVエンジン等の開発でF1を席巻した歴史を持つ名門。
またアストンマーティンも1950年代に自身コンストラクターとしてF1に参戦した経験がある。
また今季はレッドブル・レーシングのタイトル・スポンサーにも就いている。

|

« 2018年新型車発表予定(1/19) | トップページ | スターリング・モス卿、一線から身を引く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66294776

この記事へのトラックバック一覧です: コスワース、アストンマーティンとの提携に意欲:

« 2018年新型車発表予定(1/19) | トップページ | スターリング・モス卿、一線から身を引く »