« アストンマーティン&コスワースの提携話に進捗の動き | トップページ | ドイツでの『F1有料放映』が打ち切りに »

2018/01/28

フォース・インディア、「ハロー導入は大きな負担」

Halo/Force India (C)Sahara Force India F1
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は2018年シーズンからドライバーの安全対策としてF1にハロー(頭部保護装置)装着を義務づけ、これにより各チームは新たな対応を迫られているが、その一つフォース・インディアのオトマー・サフナウアー/COO(最高執行責任者)は対応の困難さを訴えている。

「このオフシーズン、マシン開発においてもっとも手間取ったのがハロー・システムへの対応だった。
重量増にエアロダイナミックスへの影響、さらに新車のクラッシュテストの項目もこのせいでこれまでよりも難易度が増加したからね。
マシンを開発する立場からいえば、難しい要求ばかりが増えたと言えるだろう。
これはメルセデスやフェラーリ、るのーのようなワークスチームならともかく、われわれのような小規模なプライベートチームにとっては決して容易なことではないよ」と、うらみ節を展開した。

|

« アストンマーティン&コスワースの提携話に進捗の動き | トップページ | ドイツでの『F1有料放映』が打ち切りに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66330186

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、「ハロー導入は大きな負担」:

« アストンマーティン&コスワースの提携話に進捗の動き | トップページ | ドイツでの『F1有料放映』が打ち切りに »