« 伝統のイギリスGP、消滅の危機 | トップページ | ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバーに »

2018/01/17

セルゲイ・シロトキン、ウィリアムズのレースドライバーに

Williams Duo (C)Williams F1
拡大します
ウィリアムズ・チームは2018年のレースドライバーとして、かねて噂になっていた通りセルゲイ・シロトキン(22歳:ロシア)を起用することを正式発表した。
チームメイトは残留が決まっているランス・ストロール(19歳:カナダ)ということになる。

同チームのクレア・ウィリアムズ副代表は、「広範囲かつ長期に渡る検討の末、2018年のレースドライバーとしてストロールとシロトキンの二人を選択した。
共に将来性ある有望な若手で、これからの飛躍が期待される。
才能ある若手ドライバーを世に出すというのはウィリアムズ・チームの長年の理念。
今から二人の活躍を楽しみにしている」と、自讃。

共に経験の浅いドライバーどうしの組み合わせだが、大化けする期待感を持たせた。

|

« 伝統のイギリスGP、消滅の危機 | トップページ | ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバーに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66287129

この記事へのトラックバック一覧です: セルゲイ・シロトキン、ウィリアムズのレースドライバーに:

« 伝統のイギリスGP、消滅の危機 | トップページ | ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバーに »