« デンマークGP、実現に向け計画が進展へ | トップページ | フェラーリ・チームの新型車はよりロング・ホイールベースへ »

2018/01/09

ライコネン(フェラーリ)に痛手、レースエンジニアが離脱

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2018年シーズンの幕開けを前に、キミ・ライコネン(フェラーリ)を担当していたレースエンジニアの離脱が伝えられた。

チームを離れることになったのは、マルシアF1チーム出身で2015年からこれまでの3年間フェラーリ・チームでライコネンの担当エンジニアを務めていたデイブ・グリーンウッド氏。
シーズン前準備たけなわとなるこの時期の離脱はライコネンにとっても痛手となる。

離脱の理由は「個人的な事情」ということで明確にされていないが、関係者によればWEC(世界耐久選手権)のLMP+1クラスに参戦するマノーのWECチームに加わるのではないか、とみられている。

フェラーリ・チームではまだ後任を決めていないが、かつてホンダで佐藤琢磨とコンビを組んだことで日本でも知られる大物のジョック・クレア/チーフ・エンジニアリング・ディレクターらの名前が挙げられているということだ。

|

« デンマークGP、実現に向け計画が進展へ | トップページ | フェラーリ・チームの新型車はよりロング・ホイールベースへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66258227

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)に痛手、レースエンジニアが離脱:

« デンマークGP、実現に向け計画が進展へ | トップページ | フェラーリ・チームの新型車はよりロング・ホイールベースへ »