« F1、2019年からドライバーにも最低重量設定案 | トップページ | ラルフ・シューマッハの子息、将来のF1目指しF4へ »

2018/01/21

セルゲイ・シロトキン父、「ウィリアムズのシート獲得は実力」

Sergey Sirotkin (C)Williams F1
拡大します
2018年F1レースシートの最後を飾る形で決まったセルゲイ・シロトキン(22歳:ロシア)のウィリアムズ・チーム入りだが、その理由は巷で専ら噂になっているような『持ち込み資金』のせいではなく『実力のお陰』であると主張されている。
そう力説するのはシロトキンの父であるオレグさんで、地元ロシアの『タス通信』の取材に下記のように答えた。

「セルゲイにはテスト以前にシミュレーターでの豊富な経験があった。
だからアブダビでのテストの前に、すでにチーム関係者に高い印象を示していたんだ。
その上で実車テストでもクビサにまったく劣らないパフォーマンスをみせた。
それでチームから2018年のレースドライバーとして抜擢されたのであって、すべては実力の成せる業」

ただF1で2年目のランス・ストロール(19歳:カナダ)とのコンビネーションには不安を示す向きも多く、その場合リザーブドライバーとされたロバート・クビサ(32歳:ポーランド)の出番が巡って来ることも十分に考えられる。

|

« F1、2019年からドライバーにも最低重量設定案 | トップページ | ラルフ・シューマッハの子息、将来のF1目指しF4へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66304594

この記事へのトラックバック一覧です: セルゲイ・シロトキン父、「ウィリアムズのシート獲得は実力」:

« F1、2019年からドライバーにも最低重量設定案 | トップページ | ラルフ・シューマッハの子息、将来のF1目指しF4へ »