« メルセデスのファクトリー、規模拡大にゴーサイン | トップページ | F1新ロゴ、既存デザインと酷似が発覚 »

2018/01/16

ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、再び航空会社経営に関心

Niki Air

かつて『ラウダ航空』を起業するなど航空会社経営に熱心だったニキ・ラウダ氏(メルセデス)が、再び同業に関心をみせているようだ。

同氏はF1引退後、母国オーストリアで自身の名を冠した『ラウダ航空』を設立。
しかしタイで墜落事故に見舞われるなどしその後会社はオーストリア航空に吸収され、現在はチャーター便を運営している。

その一方でさらに同氏は『アエロ・ロイド・オーストリア』を買収して『ニキ航空』に名称を変更。
しかしこちらも人手に渡り、現在は格安航空会社として続いている。
今回はこのニキ航空が売りに出されるということで、同氏がその買い戻しに意欲をみせているというもの。
同氏の空への夢は今も留まるところを知らないようだ。

|

« メルセデスのファクトリー、規模拡大にゴーサイン | トップページ | F1新ロゴ、既存デザインと酷似が発覚 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66280521

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、再び航空会社経営に関心:

« メルセデスのファクトリー、規模拡大にゴーサイン | トップページ | F1新ロゴ、既存デザインと酷似が発覚 »