« 2018年のピレリタイヤ、面白いレースを演出するか | トップページ | ライコネン(フェラーリ)に痛手、レースエンジニアが離脱 »

2018/01/09

デンマークGP、実現に向け計画が進展へ

Redbull Denmark Demo (C)Redbull Racing
拡大します
昨年デンマークのタブロイド紙『BT』が報じたことで明るみに出た北ヨーロッパの王国デンマークでのF1グランプリ開催計画だが、ここに来て進展をみせているようだ。

これは同国のタブロイド紙『エクストラ・ブラデ』が報じたもので、それによればF1オーナーであるリバティ・メディアのチェイス・キャリー/CEOが同グランプリについての話し合いのため、コペンハーゲン市を訪れフランク・イェンセン市長ら首脳と会うという。

これまで伝えられた計画では、首都コペンハーゲンに市街地特設コースも候補に含む新たなサーキットをヘルマン・ティルケ氏デザインのもと新設し、2020年の初開催を目途に進めるというもの。

現在F1ではデンマーク出身のケビン・マグヌッセン(ハースF1)がいてF1人気は者上がりつつあるが、他にも立候補地は多く計画実現までにはまだハードルが多そうだ。

|

« 2018年のピレリタイヤ、面白いレースを演出するか | トップページ | ライコネン(フェラーリ)に痛手、レースエンジニアが離脱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66254485

この記事へのトラックバック一覧です: デンマークGP、実現に向け計画が進展へ:

« 2018年のピレリタイヤ、面白いレースを演出するか | トップページ | ライコネン(フェラーリ)に痛手、レースエンジニアが離脱 »