« ラルフ・シューマッハの子息、将来のF1目指しF4へ | トップページ | D.ツェッチェ会長(ダイムラー)、「メルセデスの圧勝は望まず」 »

2018/01/22

F1聖地イタリアでF1無料放映消滅の危機

 『RAI Sport』
イギリスと並び、近代F1がスタートした1950年から欠かさずグランプリ開催が続きF1の聖地ともされるイタリアだが、長年続けて来たF1の無料放映が消滅することになるかも知れない。

イタリアでは公共放送であるRAI(イタリア放送協会)が長くF1放映権を持ってきたが、新たにF1オーナーとなったリバティ・メディアとの契約交渉が難航。
今のままだと2018年以降、同局によるF1放映がなくなる可能性があるということだ。
リバティ・メディアではデジタルの動画コンテンツ等の導入を図っているとみられる。

なお同国では別途『スカイ・イタリア』による有料での放映があるため、F1テレビ放映自体がなくなる訳ではない。

|

« ラルフ・シューマッハの子息、将来のF1目指しF4へ | トップページ | D.ツェッチェ会長(ダイムラー)、「メルセデスの圧勝は望まず」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66305010

この記事へのトラックバック一覧です: F1聖地イタリアでF1無料放映消滅の危機:

« ラルフ・シューマッハの子息、将来のF1目指しF4へ | トップページ | D.ツェッチェ会長(ダイムラー)、「メルセデスの圧勝は望まず」 »