« ルノー陣営も自前ドライバーの育成に取り組み | トップページ | S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「2018年新型車は怪物かゴミ」 »

2018/01/18

マーティン・ウィットマーシュ氏がアドバイザーとしてF1復帰

Martin Whitmarsh (C)McLaren Group
拡大します
元マクラーレン・チームの代表だったマーティン・ウィットマーシュ氏(59歳:イギリス)が、F1の現場に復帰することがわかった。

新たな職務はFIA(国際自動車連盟)のF1部門で主に財政的な面からF1を再検討するアドバイザーとのこと。
かつてマクラーレンというビッグチームを率いた経験に期待が掛けられた模様。

同氏はマクラーレンに都合24年間勤務。
2014年のチームを離脱する最後の5年間はロン・デニス/CEOに代わってチーム代表の要職を任されていた。
またF1チームの集まりであるFOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)の会長も務めていてF1に関する見識・経験が豊富であるのに間違いはない。

|

« ルノー陣営も自前ドライバーの育成に取り組み | トップページ | S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「2018年新型車は怪物かゴミ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66290770

この記事へのトラックバック一覧です: マーティン・ウィットマーシュ氏がアドバイザーとしてF1復帰:

« ルノー陣営も自前ドライバーの育成に取り組み | トップページ | S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「2018年新型車は怪物かゴミ」 »