« ザウバーら、EU(欧州連合)への申し立てを取り下げ | トップページ | ファン・モントーヤはアロンソの3大レース挑戦支持 »

2018/01/27

フォード首脳、ハイブリッドF1には高い関心

Ford Team (C)Ford Racing
拡大します
かつてすべてのチームが同社製のエンジンを搭載するなどF1の世界で圧巻の活躍をみせたフォードだが、2004年のジョーダン・チームとのパートナーシップを最後にF1フィールドから遠ざかっている。
そのフォードが2021年からのF1レギュレーション変更を機に、再びF1参入に高い関心をみせているという。
これはフォード・モータースポーツでグローバル・ディレクターを務めるマーク・ラッシュブルック氏が明らかにしたもの。

「現行のF1はコストが掛かりすぎるので新たな参入は現実的でない。
しかし新しいレギュレーションで、バジェットキャップ(予算制限)など改善が図られるのであれば、われわれにも検討する余地がある。
ハイブリッド技術というのは将来に向けて重要なテクノロジーだからね。
自動車メーカーとしては長期的視野で考える必要があるというものだ」

フォードは休止していたWRC(世界ラリー選手権)へのワークス参戦も今シーズンから復活を果たしている。

|

« ザウバーら、EU(欧州連合)への申し立てを取り下げ | トップページ | ファン・モントーヤはアロンソの3大レース挑戦支持 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66323266

この記事へのトラックバック一覧です: フォード首脳、ハイブリッドF1には高い関心:

« ザウバーら、EU(欧州連合)への申し立てを取り下げ | トップページ | ファン・モントーヤはアロンソの3大レース挑戦支持 »