« ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンと2年契約か | トップページ | F.アロンソ(マクラーレン)、デイトナ用のヘルメット披露 »

2018/01/04

メルセデス・エンジン、2019年には1000馬力到達も

Mercedes F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
目下F1最強とされるメルセデス・エンジンだが、すでに2017年末の段階で949馬力を発生、他を圧倒しているとの観測が伝えられた。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもので、それによればメルセデスは現行のエンジン・レギュレーションが続く2019年シーズンには1000馬力の大台に乗る勢いとの憶測がされているという。

同誌は、最新のGPS(衛星測位システム)を用いF1エンジンの出力を測定した結果、やはりメルセデス製パワーユニットが最強で上記のように949馬力であるとしたもの。
一方、F1タイトルを争うライバルであるフェラーリのものは934馬力でメルセデスとはわずか15馬力の差。
またルノーは907馬力、ホンダは残念ながらわずか860馬力に留まると報じられている。

|

« ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンと2年契約か | トップページ | F.アロンソ(マクラーレン)、デイトナ用のヘルメット披露 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66239078

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス・エンジン、2019年には1000馬力到達も:

« ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンと2年契約か | トップページ | F.アロンソ(マクラーレン)、デイトナ用のヘルメット披露 »