« ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバーに | トップページ | ルノー陣営も自前ドライバーの育成に取り組み »

2018/01/18

トロ・ロッソの2018年新型車、クラッシュテストをクリア

Toro Rosso Factory (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
16日(火)、今シーズン、ホンダ製パワーユニットを搭載することが決まり活躍が期待されるトロ・ロッソ・チームの2018年新型車『STR13』(仮称)が、FIA(国際自動車連盟)のクラッシュテストをクリアしたことがわかった。

ただその一方でテクニカル・ディレクターであるジェームズ・キー氏のもと、エアロダイナミックス面の開発を行ってきたとされる空力責任者のブレンダン・ギルホーム氏がチームを離脱したことが伝えられた。
その背景は明らかにされていないが、この時期のキーパーソンの離脱は開発の障害になりかねない。

2018年シーズンの開幕戦オーストラリアGPは3月23日(金)から、またそれに先駈けて行われるシーズン前テストは2月26日(月)バルセロナでスタートする。

|

« ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバーに | トップページ | ルノー陣営も自前ドライバーの育成に取り組み »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66287540

この記事へのトラックバック一覧です: トロ・ロッソの2018年新型車、クラッシュテストをクリア:

« ロバート・クビサはウィリアムズのリザーブドライバーに | トップページ | ルノー陣営も自前ドライバーの育成に取り組み »