« ケビン・マグヌッセン(ハース)、「1周目が勝負どころ」 | トップページ | ハミルトン、「2018年のバトル相手はベッテル&アロンソ」 »

2018/01/01

ホンダ、「2018年のパワーユニットも同じ設計思想で」

長谷川 祐介 (C)McLaren Group
拡大します
2018年シーズン、これまでのマクラーレン・チームとのパートナーシップを終了、新たにトロ・ロッソ・チームに対し独占供給することが決まっているホンダだが、その設計思想は今年のものを踏襲する考えであることを明らかにした。
これはホンダ陣営でF1プロジェクト総責任者を務めた長谷川祐介氏が英国メディアに語ったもの。

「2018年のパワーユニットは基本的に今年のものをさらに発展させ、パワーアップと信頼性を高めたものになる。
同じコンセプトで戦うのは戦略的にとても助けになることだ。
2017年は開幕までに十分熟成したものを用意できずに出遅れたが、来年はそうした心配もなくなるからね。
また万一何かあった時にはこれまでのものがバックアップとして使えるのでこれは心強いことだ」

またパフォーマンスのため外部からのアドバイスも積極的に受け入れると鷹揚なところをみせた。

|

« ケビン・マグヌッセン(ハース)、「1周目が勝負どころ」 | トップページ | ハミルトン、「2018年のバトル相手はベッテル&アロンソ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66222967

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ、「2018年のパワーユニットも同じ設計思想で」:

« ケビン・マグヌッセン(ハース)、「1周目が勝負どころ」 | トップページ | ハミルトン、「2018年のバトル相手はベッテル&アロンソ」 »