« メルセデス首脳、「第2のハミルトン見つける必要」 | トップページ | マクラーレン・チーム、来季もタイトル・スポンサー断念 »

2017/12/20

S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、再びF1に警告

Ferrari Prancing Horse (C)Ferrari S.p.A
拡大します
リバティ・メディアとF1が明らかにした2020-21年シーズンに向けてのF1改革案に不満を示したフェラーリ・チームだが、「どうせ脅しだけ」との周囲の見解が広まる中、「F1撤退の意思」が本気であることを再度強調した。

この会見はメディアとの間で行われた恒例の『クリスマス・ランチ』でのもので、フェラーリ陣営を率いるセルジオ・マルキオンネ会長がとりわけ強調したもの。

「われわれは本気だ。
しかしこの世界にはこの警告を真に受けていない者がいるようだ。
そんな安易な立場にいる者は、やがて手痛いしっぺ返しを喰らうことになるだろう。
確かにこれまでフェラーリはしばしば必要以上の警告を繰り返してきたと言われるが、それは昔のことだ。
私がこの立場に立った2015年以降、われわれは警告したことを実際に実行してきている。
それは誰もが認めることだろう。
今回リバティ・メディアが示したF1の方向性は、われわれが求めるものとは明らかに異なったものだ。
いまわれわれは真剣に別のシリーズを立ち上げることも検討しているんだ」

とはいえフェラーリがF1で特別な扱いを受けていることに、他チームからは冷たい視線が投げ掛けられているのも事実だ。

|

« メルセデス首脳、「第2のハミルトン見つける必要」 | トップページ | マクラーレン・チーム、来季もタイトル・スポンサー断念 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66178938

この記事へのトラックバック一覧です: S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、再びF1に警告:

« メルセデス首脳、「第2のハミルトン見つける必要」 | トップページ | マクラーレン・チーム、来季もタイトル・スポンサー断念 »