« ミシュラン、「今のF1タイヤ供給に魅力なし」 | トップページ | ルイス・ハミルトン、「メルセデスAMGでキャリア終える」 »

2017/12/05

S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「撤退宣言は脅しでなく本気」

Sergio Marchionne (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2021年からのF1エンジンについて、先にFIA(国際自動車連盟)とリバティ・メディアが示した改革素案に否定的な立場をみせたフェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、その後の周囲の反応にさらに反発する姿勢をみせている。

「彼らの言う改革は、F1本来の魅力を損なうものだ。
改革の精神がF1のDNAと合致しないものであれば、われわれはもうそこで競技をしようとは思わない。
もっとわれわれの活動の場にふさわしいカテゴリーを選んでそちらに移動するだけのこと。
これまでの私の言葉は決して脅しなんかではない」

当初の自分の反応が関係者から無視されたため頑なになったようだが、それ以外にもこれまでF1で特別な存在とされてきたフェラーリ・チームにとって、その特典が脅かされる懸念を感じているのかも知れない。

|

« ミシュラン、「今のF1タイヤ供給に魅力なし」 | トップページ | ルイス・ハミルトン、「メルセデスAMGでキャリア終える」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66121249

この記事へのトラックバック一覧です: S.マルキオンネ会長(フェラーリ)、「撤退宣言は脅しでなく本気」:

« ミシュラン、「今のF1タイヤ供給に魅力なし」 | トップページ | ルイス・ハミルトン、「メルセデスAMGでキャリア終える」 »