« キミ・ライコネンにフェラーリから『最後通牒』 | トップページ | FIA、フリー走行1回目セッション参加の資格を厳格化へ »

2017/12/21

ドイツ『RTLテレビ』、F1放映3年間延長

Hockenheim Stand (C)Mercedes Motorsport
拡大します
現行の契約が今年で終了するということで、その延長に関心が集まっていたドイツ『RTLテレビ』のF1放映だが、2018年からさらに3年間延長したことがわかった。

報道自体は『ビルト』紙により1週間も前に報じられていたが、RTLテレビ&リバティ・メディア双方ともコメントを避けてきていた。

なおこれまた同紙が報じていたように同番組の解説コメンテーターにはこれまでのニキ・ラウダ氏(68歳:オーストリア)から2016年のF1チャンピオン、ニコ・ロズベルグ氏(32歳:ドイツ)へと変更になる。
ちなみにロズベルグ氏のコメンテーター・デビューは今年の日本GPだった。

|

« キミ・ライコネンにフェラーリから『最後通牒』 | トップページ | FIA、フリー走行1回目セッション参加の資格を厳格化へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66182377

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ『RTLテレビ』、F1放映3年間延長:

« キミ・ライコネンにフェラーリから『最後通牒』 | トップページ | FIA、フリー走行1回目セッション参加の資格を厳格化へ »