« ピレリ、来季開幕3戦のタイヤスペック発表 | トップページ | 2017年の年間F1観客数、初の4百万人越え »

2017/12/13

ドイツ『RTLテレビ』、2018年もF1放映へ

Hockenheim Stand (C)Mercedes Motorsport
拡大します
ドイツ国内で地上波のF1放映を行ってきた『RTLテレビ』だが、現行の契約は今年で終了すると言われている。
一方、2018年は2年ぶりにドイツGPがF1カレンダーに戻ってくることになっていて、契約の行方に注目が集まっていた。

これについてドイツの『ビルト』紙は、RTLとリバティ・メディアとの間で契約を延長することで合意に至ったと報じた。
ただ、同放送局では「まだ正式に発表できるものはない」として、公式な確認を避けている。

報道によればF1放映のコメンテーターはこれまでのニキ・ラウダ氏(68歳:オーストリア)から2016年のチャンピオン、ニコ・ロズベルグ氏(32歳:ドイツ)へ変更になるとのことだ。

|

« ピレリ、来季開幕3戦のタイヤスペック発表 | トップページ | 2017年の年間F1観客数、初の4百万人越え »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66150763

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ『RTLテレビ』、2018年もF1放映へ:

« ピレリ、来季開幕3戦のタイヤスペック発表 | トップページ | 2017年の年間F1観客数、初の4百万人越え »