« フェラーリ・チーム、「ザウバーとは技術支援以上の関係」 | トップページ | FIA、ブラジルGPの主催者に安全確保を指示 »

2017/12/08

ホンダ首脳、「運営体制変更はよりスピーディな対応が狙い」

森山克英 & F.Tost (C)Honda Racing
拡大します
来季からスタートするスクーデリア・トロ・ロッソとのパートナーシップに合わせ、F1運営体制を一新する方針を明らかにしたホンダでは、その狙いを次のように説明した。

これは親会社である本田技研工業(株)の執行役員で、ブランド・コミュニケーション本部長兼4輪事業本部マーケティング企画室長のポジションにある森山克英氏が語ったもの。

「これまで、F1プロジェクト総責任者(註:長谷川祐介氏)が担っていた技術開発とレース現場指揮監督の責任範囲を分離し、開発とレース・テスト現場それぞれがよりスピーディーに業務を遂行できる体制へと進化させる。
開発現場とレース現場が各々の役割をしっかり果たすことで、『トロ・ロッソ・ホンダ』が上位争いをする姿を一日でも早くお見せできるよう挑戦を続けて行きたい。
引き続き皆さまの応援をよろしくお願いします」

|

« フェラーリ・チーム、「ザウバーとは技術支援以上の関係」 | トップページ | FIA、ブラジルGPの主催者に安全確保を指示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66132421

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ首脳、「運営体制変更はよりスピーディな対応が狙い」:

« フェラーリ・チーム、「ザウバーとは技術支援以上の関係」 | トップページ | FIA、ブラジルGPの主催者に安全確保を指示 »