« ハロー(頭部保護装置)、重量面からもドライバーは反発 | トップページ | 『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢 »

2017/12/01

レッドブル首脳、「トロ・ロッソ・ホンダ」への協力姿勢みせる

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
これまでレッドブル・レーシング同様ルノー・エンジンを搭載してきたスクーデリア・トロ・ロッソだが、既報のように2018年シーズンから新たにホンダとのパートナーシップをスタートさせることが決まっている。
しかし現代のF1は単に搭載するエンジンの変更という単純なものでなく、その関連性は複雑かつ多岐に渡る困難なものが予想される。

これについてトロ・ロッソをも束ねるレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、「われわれはトロ・ロッソ・ホンダへの協力を惜しまない」と、前向きな姿勢をみせて注目されている。

「レッドブルはこの両者のパートナーシップが成功するように全力でサポートしていく考えだ。
確かにホンダは過去苦戦してきたが、このところみせた進歩には満足している。
これから開幕までさらに進化していくことだろう。
そのためにもわれわれが持つレッドブル・テクノロジーのすべてを惜しむことなく傾注させるつもりでいる」

噂ではレッドブル・レーシングが現在搭載するルノーとの契約は来季限りで、2019年には同チームもホンダ・エンジン搭載が実現するのではないかとみられている。
そのためにも来季トロ・ロッソ・ホンダの成功はレッドブル全体の命運をも握ることになりそうだ。

|

« ハロー(頭部保護装置)、重量面からもドライバーは反発 | トップページ | 『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/66107969

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、「トロ・ロッソ・ホンダ」への協力姿勢みせる:

« ハロー(頭部保護装置)、重量面からもドライバーは反発 | トップページ | 『アストンマーティン』、2021年からのF1参戦に積極姿勢 »